先日、マルシェで苺を買いました。
少し傷んでいたので、二つ目はおまけ!やった!

la confiture de fraise1

傷んでいても形が不揃いの方が自然な感じでいいなあ。
ちょうど切れていたジャムにしてみました。

la confiture de fraise2

フランスに来てから作るようになったジャム。
一回で沢山作れるし、
何と言っても手作りですから添加物は入っていません。
しかも、ボンヌママンに負けない美味しさ!(笑)

材料(瓶3個分)
苺1kg、砂糖600~700g、レモン汁1/2個分

作り方
➀瓶と蓋を熱湯で20分程消毒し、乾かす。
②苺は洗って乾かし、へたを切る。
③ボールに砂糖を入れ、苺とレモン汁を加えて湿らせた布巾をかけて一晩置く。
④シロップだけ鍋に入れて強火で10分ほど灰汁を取りながら煮る。
⑤苺を加えて20~30分、焦げないように気を付けて、灰汁を取りながら煮る。
⑥お皿に大さじ1杯流して、ある程度固まっていればOK。まだの場合は、
 あと5分程煮る。
⑦➀の瓶に入れて、逆さに置いて冷えたら出来上がり。

約1年間は保存できるそうです。

作り方のビデオはコチラでご覧になれます。

la confiture de fraise3

この後も我が家の庭では、巨大に育ったルバーブ、
それからもう少しするとアプリコットが
ジャムになるのを待っています。


人気ブログランキングへ

応援のクリックをよろしくお願いします